【富山でお出かけ】世界遺産の町並みを体感!! ベトナム・ランタンまつりinなめりかわ【行ってきた】

富山県滑川市瀬羽町の町並みは、ベトナムの世界遺産の町ホイアンに似ているらしい。

 ベトナム ホイアン

ホイアンで月に1度開催される”ランタン祭り”

たろう
そういうわけで、平成22年から滑川市では夏にランタンまつりが開催されるようになったんだとか

富山に居ながら、外国のお祭りを見られるなんて素敵。

面白そうなので行ってきました。
かなり綺麗で幻想的なライトアップを見られるということなので、期待大。

スポンサーリンク

ベトナム・ランタンまつりinなめりかわ 基本情報

イベント概要


画像引用:ベトナム・ランタンまつりinなめりかわ実行委員会公式サイト(https://vietnam-lantern-festival.jp/index.html)より

滑川市瀬羽町の街並みが、ランタン祭りで有名なベトナムの港町ホイアンに似ていることがきっかけで平成22年から始まった祭り。毎年夏の2日間、海辺の旧宿場町をランタンの灯りが幻想的に彩る。地元滑川のグルメ屋台他、ベトナム料理の「米麺フォー」「揚げ春巻き」や、民族衣装「アオザイ」の試着体験、ベトナム音楽コンサート等も催される。

アクセス

開催場所:
旧 宮崎酒造 周辺

住所:
〒936-0063 富山県滑川市瀬羽町1850

TEL:
滑川市観光協会

076-476-9200

電車・バスの場合:
あいの風とやま鉄道 滑川駅より徒歩約20分(無料シャトルバス有)
富山地方鉄道 中滑川駅より徒歩約10分

たろう
距離的には中滑川駅のほうが近いけど、地方鉄道の電車は各駅停車で乗車時間長いし、かなり揺れて疲れ大。快適さ・到着までの速さは”あいの風鉄道”が勝ち

車の場合:
富山駅から車で約30分

無料シャトルバス

滑川駅⇔橋場(会場付近)までの往復無料シャトルバスあり

たろう
ただし、かなり混雑するので集合場所には余裕をもって早めに到着を。最悪、定員オーバーで乗れずに次のバスを待たないといけないという状況もあり得ます(実際に見た)。


画像引用:ベトナム・ランタンまつりinなめりかわ実行委員会公式サイト(https://vietnam-lantern-festival.jp/index.html)より

駐車場

元々は旧市街で観光地ではないので、会場付近に駐車場はありません。
車を停めてから徒歩10~20分ほど余裕を見ておいたほうが良さそう。

ランタンまつり見てきた

イベント開催してすぐの16:00頃。ライトアップはまだ先だというのに、すでに人がたくさん。

かき氷やおつまみ系の屋台のあるエリアは家族連れで賑わっていました。東南アジアを彷彿とさせる、フォーや揚げ春巻き、タピオカドリンクなんかも販売していました。

ウロウロしていると、まだ明るい内にライトが点灯される。綺麗ー。

フォトスポットも用意されていて、順番待ちの列ができていました。
これはフォトジェニックな写真が撮れるぞ。

メイン会場の旧宮崎酒造の中に入ると、室内で薄暗いのでランタンの灯りが映えます。

ここの一角にも人気フォトスポットがあり、女性たちが撮影会をしていました。

色とりどりのランタンに目を奪われます。いやーほんとに綺麗ー。

お土産コーナーもあり、好きなランタンを買う事もできるようです。

たろう
そこそこ良いお値段だったけど(笑)
 ミニランタンもあった。

また、ワークショップのお店もたくさん並び、作家さんのアクセサリーを購入できたり、工作したりできる場所も。
これは子供たちも喜びますね。

たろう
ただし、室内めちゃくちゃ蒸し暑いので熱中症には注意

暑いので日陰で夕涼みしながらてくてく歩いていると、なんだか気になる入り口が。

地域の紹介や収蔵品が展示紹介されている場所でした。

昔の学校教材かな?
年季が入ってるなぁ。どんな人が使ってたんだろう。割とボロボロだから男の子かな、なんて妄想してみる。

さて。そろそろ疲れてきたので一休みしたい。暑いよー。

事前に調べて、どうやら素敵なカフェがあるらしいのでそこへ向かいます。

コンクリートの壁にポツンと1つ、ランタンの灯り。

階段を上がった先には。

海の見えるカフェー!!

たろう
cafe うみいろ ぼんぼこさ』というカフェ

で、ベトナム料理が食べられる!そして空調完備!!涼しい!!

 米麺フォー

 生春巻き

たろう
エネルギー補給

店内のランタンも素敵。まつりの時期にだけ飾るんだって。

雰囲気も素敵だし、まつりの時期じゃなくても来たくなる。読書したい。

カフェを出ると、どこからか素敵な音色が。
音の聴こえる方へ向かうとコンサートが開催されていました。

写真左の女性が演奏しているのは、ベトナムの民族楽器『トルン』。
初めて聴いたけど、素朴で優しい音色がとても素敵ー。

たろう
ただ、暑くて最後まで聴いてられなかったのが悔やまれる・・・

人が多いと熱がムンムンこもるよね。

外に出ると、夜風がきもちー。
気がつけば薄暗くなっていて、ランタンもいい感じ。

見頃の時間には、たくさんの人が。
開催区間が短い分、人が密集していて、感覚的には山王祭りの賑わい。

人の居ないところを探すのに定評のある私。

ふらふらーっと人の流れに逆らって歩いていくと…
開催区間の端っこの方は割と空いていて、ゆっくり見られる。

フォオスポットも。

異国の空気を体感した1日でした。

事前に知っておきたいこと

有料バス使ったら快適だった

滑川駅からの無料シャトルバスに乗り遅れて(笑)、絶望していた時。
駅の目の前のバス停に1台のワゴン車が。

ダメ元で運転手さんに聞いてみると、乗車賃100円で滑川駅から橋場まで行くという。

たろう
まじでか!災い転じて福となるとはこのことかww

運転手さんに申し訳なさそうに「100円かかっちゃうんですが・・・」といわれたけど、

空調完備・ほぼ貸し切りで快適すぎることを考えるとお釣りがくる。

たろう
無料シャトルバスは人でぎゅうぎゅうだったし・・・!これは思わぬ裏技を発見してしまったww

 滑川市コミュニティバス 時刻表(2020.4現在)

画像元:滑川市ホームページより(https://www.city.namerikawa.toyama.jp/kurashi/5/7/8/2091.html

たろう
ただし、時間的に帰りの利用はできないので注意

カフェは17:30頃から激混みする

17時過ぎにカフェに入ってから次々とお客さんがやってきていました。

やはり暑いので、涼める場所としても人気なようです。

カフェを出る頃には階段ずーっと列ができていましたが、もちろん空調は店内だけ。
暑い中待ちたくないという人は早めに行くのがおススメ。

熱中症には要注意

お恥ずかしながら、実は私、この『ベトナム・ランタンまつりinなめりかわ』に参加して熱中症になってしまいました。

帰る頃から頭がガンガンと片頭痛。身体が熱っぽく、少しでも頭を動かすと激しい頭痛による強い吐き気に食事が喉を通らず。最終的には1週間寝込んで、2度の点滴で回復しました。

たろう
生まれて初めての熱中症で死ぬかと思った。お盆休み全滅(泣)ww

陽が沈んだ夕方からの参加だし、と完全に油断してました。

水分補給、大事。
あと、カフェ近くから海側の道に出ると海風が涼しくて、人も少なく静かなので休憩スポットとしておススメ。

まとめ

という訳で『ベトナム・ランタンまつりinなめりかわ』の紹介でした。

幻想的なランタンと、ベトナム現地の人たちっぽい外人に周りを囲まれた時は海外に来たかと思いました。
めちゃくちゃ綺麗だったので、また行きたい。

あなたも、異国感の漂うお祭りにぜひ参加してみてはいかが?

たろう
熱中症には、くれぐれも気をつけて楽しんで!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、何か頑張れそうな気がします

フォローしてくれたら嬉しいです。