世界的にも有名な、朝日町の『春の四重奏』を見てきた

2020年、春。

新型コロナウイルスの影響でここ数ヶ月の間、家に引きこもってばかりだったので、息抜きにドライブ・散歩でも、と思い、富山の春の景観地として世界的にも有名な朝日町の『春の四重奏』を見に行ってきました。見頃なのに人がいない・・・とネットニュースになっていたので。

たろう
人が集まってそうなら、車内から窓越しに・・・と思ってもいたけど、やっぱり全然いませんでした


人がいない・・・。
そしてめちゃくちゃ寒いww冷たい海風が吹き込み、身体が芯から冷えました。

たろう
上着はマストアイテム

それでも、花々は美しく迎えてくれました。綺麗に手入れされているのに、人に見てもらえないのは残念です。今の状況では仕方ないですが。

昨年は国内外から4万3千人が来場した『春の四重奏』。
2020年は会場周辺の出店中止や夜間の「かがり火の夜桜」を取りやめ、無料シャトルバスの運行も中止している。見頃を迎えるも、団体客のキャンセルは約7,000人。

風が強くない日には、景色を楽しみながらのランチも素敵だなー。

綺麗なお花を見て、なんだかパワーをもらえた気がします。

次、見に来た時には、たくさんの人で賑わっていることを願って。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、何か頑張れそうな気がします

フォローしてくれたら嬉しいです。