【屋台村復活!】富山市の商店街にオシャレな飲食街がオープン!コンテナ型飲食街『あまよっと横丁』【旅行客にもおススメ】

2018年9月28日から、富山市で超オシャレなコンテナ型の飲食街がオープンしているという情報を入手しました!

 おしゃれ!

富山の中心地に突如として生まれた「あまよっと横丁」。
数棟のコンテナにバラエティ豊かな富山の名店が集結し、ここでしか味わえない食事とお酒を堪能できます。
お一人様で、気の合ういつもの仲間どうしで、世代を超えた人々の笑い声が飛び交う場を楽しみませんか。
新しい夜のスタイルが、この横丁からはじまります。
情報元:あまよっと横丁公式(https://amayot.jp/#shop_hamadaya)より

富山の若い世代の料理人を中心に、7店舗が集っています!
飲む・食べるだけでなく、多目的スペースを使ったギャラリーやイベントなども開催するのだとか!

場所は、富山市の総曲輪
富山大和やグランドプラザのある総曲輪フェリオ富山市ガラス美術館(TOYAMAキラリ)などの近くにあります。

『くすりの富山』を巡るスポットとして観光客が多く訪れる池田屋安兵衛商店からもほど近いので、旅行客にもオススメしたい富山の新スポットです。

気になる7店舗の情報を以下にまとめました!

スポンサーリンク

富山市総曲輪のオシャレなコンテナ型飲食街『あまよっと横丁』店舗まとめ

※ロゴ画像・店舗紹介文は公式サイトより引用しています

各店舗営業時間など異なるようですが、全店舗共通で水曜定休とのこと。

浜多屋あまよっと横丁店(和風居酒屋)

『おでん』と『和み酒』と『魚津の料理』
名誉唎酒師がチョイスした地酒、日本各地の日本酒を、個性いかした温度帯で楽しめます。
浜多屋あまよっと横町店は、日本酒を楽しむ名店『浜多屋魚津駅前店』の名残を残しつつ、新たな味わいも楽しめます。スペシャリテは、バラエティー豊かに新川の食材にスポットをあてたおでん。アレンジした魚津の郷土料理と日本酒のペアリングなど、食べる喜び、飲む感動を体験できます。

たろう
おでんと日本酒という王道コンビ。実はお店でおでんを食べるという経験をしたことがないので、すごく気になります。富山市にいながら、魚津の郷土料理も楽しめるのも嬉しいです♪

ショーグンホルモン(焼肉)

老若男女全てのお客様が楽しく美味しくホルモン焼きを楽しめ、笑顔あふれるあったかいホルモン焼き屋を目指しています。
老舗30年の焼肉屋の技術と東京最先端の焼肉店のノウハウを生かした、ハイセンスな人が来てもカッコ良さを感じるネオ大衆ホルモン焼き店です。名物タンモトショーグンというタン塩のステーキを始めとする新鮮な豚のホルモンに中毒性の高いホルモン焼きそばが名物です。

たろう
“ハイセンスな人が来ても””中毒性の高いホルモン焼きそば”など、紹介文からしてガンガンくる感じが素敵(笑)富山で30年続く老舗焼肉店「大将軍」から派生のホルモン焼肉専門店とあって、どんな美味しいホルモンが食べられるのか期待大です

焼き鶏スミス(焼き鶏)

素材を活かす。
油や調味料はあえてシンプルにしながら、大真面目に素材と向き合いました。焼鳥はタレより塩が注文が多い事が全て立証しています。
当たり前を守ることで、極上の料理を創り出します。一本一本丁寧に心を込めて串うちされた焼鳥と技巧を前に今日も舌鼓して下さい!鶏料理との相性のいい日本酒を取り揃えてます。

たろう
お酒のお供といえば。私はタレよりも塩で注文したい派なので、素材にこだわった焼き鳥屋さんは気になります。ちなみに私は、ハツ・砂肝・軟骨・皮・ムネが好きです

夢酒バル~ROJIURA~(バー)

横丁の入り口にひっそりとあかりを灯すBAR「Rojiura〜路地裏〜」。こだわりのお酒とおつまみを片手に、夢を語りながら酒を呑む。
富山のフレアバーのパイオニアであるSHARE、HARVESTを手がけるMosaicWorksがプロデュース。エンターテイメントと飲食の融合により創り出される独特の明るい雰囲気。
あなたもぜひ、夢を語り、未来を語りながら呑むお酒の美味しさを感じてください。

たろう
なんだか敷居高そうな香りがするので引きこもりな私はしり込みしてしまいますが(笑)「夢を語れるバー」なんてコンセプトは面白いですね!熱いパッションをお持ちの方はぜひ!

スパイスルートバル(エスニックバル)

富山の地にお店を構えて、早十数年。この地に御縁が有りインディラグループは富山県内に、北インド料理メインにするお店4店舗、南インド料理の店1店舗、テイクアウト専門店、富山初のインドカレーの移動販売車など、地元富山で色々な形態で、出店活動して来ました。
日本人にあった、インド料理をコンセプトに日々メニュー改良、企画考案して来ました。
今回の横丁プロジェクトでは新形態に企画チャレンジします!全ての人々が笑顔になる様な料理、お店作りを目指して…頑張っていきます。

たろう
インド料理メインなエスニック料理店。日本人の味覚に合うように改良に改良を重ねて…ということで食べてみたいですね!ちなみに富山ってインド料理店多い気がしますが、県民にカレー好きが多いんでしょうか?エスニック好きはぜひ!

となりの(フュージョン料理)

イタリアン、フレンチをベースに置きながらも『和』『中』『エスニック』等の要素も気ままに取り入れるジャンルレスなビストロ的酒場。メインは専用オーブンで豪快に焼き上げる『ロティサリーチキン』。鶏は安心安全の国産ブランド『大山とり』に厳選の塩、ハーブ、スパイスでマリネ。回転式オーブンで余計な脂を落としながら、じっくりと焼き上げる事で、皮はパリッと中身 はジューシーな逸品に仕上げます。
ドリンクは特製サワーからビオワイン。また酒好き店主こだわりのハードリカーまで、ジャンルにとらわれないラインナップをご用意。

たろう
和・中・洋、それにエスニックまで!ジャンルにとらわれず、とにかく美味しいモノを提供しているビストロ酒場!複数人で飲食するときってこういう色んなものがあるお店って嬉しいですよねー!

たぷたぷ(スナック)

古き良きスナック文化。
昔賑やかに栄えていた桜木町…
そんな時代を彷彿させる、少しレトロでアンニュイな空間「スナック たぷたぷ」。横丁内の美味しいお料理と自然派ワイン。そしてたぷたぷな女の子との楽しい会話…
世知がない日常の忙しさを忘れてゆったりとした時間を過ごしませんか?
また女性の皆様、お一人様もお気軽にお立ち寄りください。

たろう
た・・・たぷたぷな女の子?(笑)すごく個性的なにおいがしますが、こういったお店こそ、女性の一人客で訪れてみたら面白い発見があるのかも、なんて思っちゃいました

まとめ

『あまよっと横丁』と聞いて、何か気がつきませんか?

実は、

ローマ字にすると『AMAYOTO』
並びを逆にすると『TOYAMA

富山!!

なんて粋な意味が込められていたりします♪

市民の生活環境をぎゅっと近くに集めるコンパクトシティ化が進む富山。
私が学生の頃はシャッター街になっていた総曲輪商店街ですが、
映画館や美術館など、商店街の活気に繋がる新しいスポットが増えつつあります!

今回の『あまよっと横丁』もそんな商店街に活気を取り戻すのに一役買ってくれそうですね!

近々、私も訪れてみたいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、何か頑張れそうな気がします

フォローしてくれたら嬉しいです。