2度目の女一人旅 in神戸①「山道にはご用心」

2回目の一人旅の舞台は、『神戸』。季節は1月末。
これも好きな芸能人のイベントに参加するためでした。愛だね。愛。あと好奇心。

神戸へ行くために、大阪で乗り換えが必要だったので、まずは阪急梅田駅へ到着ー。
ここから、神戸市の三宮駅へ向かいます。

ちなみに、富山から神戸への行き方をこちらの記事でまとめました。
よければ神戸観光計画の参考にしてください。

先日、富山発で神戸に一人旅へ行ってきました。 異人館をはじめとしたレトロな建造物、神戸港クルーズ、南京中華街など、魅力いっぱい...

旅をするようになってから、地域ごとで列車の内装が全然違うことを実感します。
県民性が伺えるというか…こだわりを感じるというか…
ちょっと面白いなぁと思います。違うところに来たんだなぁって。

神戸の方はどこかレトロ感ある雰囲気だった記憶が。

電車に揺られることおよそ30分。
ついたどー。三宮駅

とりあえず荷物を預けたかったのと、夜に来たら絶対道に迷うなと思ったので、まずはこの日お世話になるホテル『ホテルトラスティ神戸』へ向かいます。駅から10分程の所。

ちなみに、泊まった感想は、お値段もそれほど高くなく、静かなところで居心地も◎でした。

ただ、旅先の徒歩10分って土地勘がないからか、少し長く感じるような気がします。あと、荷物も持ってるからかな。「駅から10分か!近いからここにしよ!」と決めるときは少し注意。思ってるより遠いです。

あいかわらずGoogleマップさんに振り回されながら(急に現在地の矢印が方向転換するあれ何なん。)、なんとかホテルの方角を把握。

神戸は道中が楽しい。

レトロ感ある街並み・建物がオシャレ。

立ち止まって写真撮っちゃいます。

そうそう。旅するようになってから、写真をもっと綺麗に撮りたいという欲が出てくるようになりました。

この頃はまだちゃんとしたカメラを持っておらず、スマホ(格安のやつなので画質そんな良くない)で撮っていたので、思ったように映らない事に若干モヤモヤしてました。

後日、やっぱり我慢ならず3万円位でデジカメを購入するのですが、凄く良いお買い物だったと感じているので、デジカメについてはまた別記事でいつか紹介したいなと思います。

無事にホテルに荷物を預けて、最初に向かうのは『北野異人館街』

神戸に来たからには!って感じの観光名所。定番だよねー。

道中、神社に通りがかったので、旅の祈願も兼ねて立ち寄ることに。

『生田神社』という所です。

少し奥にも行けそうだったので探検。

静かで、人もあまりおらずいい感じでした。

神社を出て進むと、またまた洒落た建物が目の前に。

コーヒーがいただけるカフェですって奥様。

まぁ素敵!私コーヒー飲めないのですけど!おほほほほほほ…

はい。飲めません。お腹痛くなるのでカフェイン無理です。

通り過ぎまーす。

そして見えてきました!坂!

北野異人館は「坂が大変!」って口コミで書いてあったけど、たしかに結構な勾配でした。

私は大丈夫でしたが、体力に自信のない方は坂の上からスタートする観光ルートもおすすめされていたので、そちらの方が良いかもしれないですね。

地元と違う街並みが面白くてきょろきょろしながら上る坂道はそれほど苦ではありませんでした。

ふと足元にも視線を送ると、こんなものも。にわとりさん。

異人館の屋根にニワトリいるのあったけど、それがモデルかな。

こういう地域ならではの遊び心も大好きです。

そして道中、バスに遭遇!レトロ!可愛い!

上まではバスに乗って行って、徒歩で坂道を下るルートも良いですねぇ。

そんなこんなで。

見えてきました、異人館。

素敵な外観。

異人館、どれも素敵なのだけど、

入館料が高い。

まぁ維持費とか大変なんだろうなぁ。

そんなわけで、異人館はたくさんありましたが、私は外観の好みで『風見鶏の館』のみ入館してきました。さっきの”にわとり”さんの所。↑の写真の2枚目・3枚目の所です。

素敵なお部屋。紅茶が合います。

ここで皆さん食卓を囲んでた訳ですね。手振れがすごい。

扉、分厚っ!

窓が大きくて明るい階段。ぎしっぎしっと年季入ってました。

朝食の間!

え、朝と夜で食べる場所違うの?

一通り見学して満喫しました。

本当は『うろこの家』も気になりましたが疲れたのと、時間の関係もあって止めました。

一人旅はこういう事をその時に自分の気持ちで決められるのが良いですね。

風見鶏の館を出た所で、そろそろイベント会場へ向かう時間。

新神戸方面にあるイベント会場までは北野異人館街から徒歩10分ということで予め調査済み。

近隣地図の看板を見つけたので、それを確認してから徒歩で向かいます。

・・・。

「(え、本当にこっち…か?やばいくらい急な坂なんだけど…)」

勾配40~50度くらいある坂(バランス崩したら何処かのおむすびみたいに転がっていきそうだった)と、

気が付けば周りから人が居なくなった現状に不安を覚えつつとりあえず上ると。

何か知らんけどすごく見晴らし良い所に出た。神戸一望できるやん。

しかも人が誰も居ないから景色一人占め。

うひょー!っとテンション上がるも、道の先はどう見ても山道。木々が増えてきた。ていうか反対側は完全に森。鳥のさえずりすごい。

いや、でもさっき見た地図には新神戸に向かう道って書いてあったし・・・

とりあえずまだコンクリートの道ではあったので、少し進んでみる。

ん?看板がある。

『この先、新神戸駅まで徒歩1時間の山道です。』

『休憩所はありません。』

『ちゃんとした装備で入らないと危険です。』

道、間違えた。

ま、まぁ、わかってたけどね!

万が一ってこともあるから確認したかっただけだし!

穴場的な景色見れて良かったし!結果オーライってやつ!?

ふぅ・・・。

あやうく遭難する所だった。

無事に、正しい道で目的地に到着できました。

2度目の女一人旅 in神戸②「高いところはテンションあがる」 へ続く

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、何か頑張れそうな気がします

フォローしてくれたら嬉しいです。