【アルペンチーズケーキ】賞味期限10分!宇奈月温泉の新名物『幻のアルペンチーズケーキ』を食べてきた

黒部市にある人気観光地『宇奈月温泉街』にできたNEWスポット。SNSでも話題のあのお店に行ってきた。

たろう
初めて知ってから気になってた!だって賞味期限10分よ?どんだけよ。ようやく行けたー!!

お店はやっぱり行列ができてました。混雑具合など良ければ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

アルペンチーズケーキってどんなお店?

─── 今までにない、口どけのチーズケーキを北アルプス山麓から届ける。

「黒部で代表的なお手土産となるご当地のモノを作りたい」という想いから誕生したチーズケーキ専門店。雪の大谷などでも有名な黒部らしいチーズケーキとして、雪のように溶ける新食感チーズケーキを販売する。特に人気なのが、数量限定、持ち帰り不可、賞味期限10分の『幻のアルペンチーズケーキ』。開店前から幻の一品を求める客が列をなす。

持ち帰り可能な通常の『アルペンチーズケーキ』も販売する。オンラインショップあり。

  「アルペンチーズケーキ」の公式ページはこちら

アクセス・営業時間

[住所] 富山県黒部市宇奈月温泉260 地鉄宇奈月温泉駅1F

[アクセス] 地鉄宇奈月温泉駅前 温泉噴水から徒歩7秒程

[TEL] 076-562-2055

[営業時間] 10:00~18:00
定休:水・木曜日

アルペンチーズケーキに行ってきた

3月某日。早春といえど、高地にある宇奈月温泉街は最高気温6℃前後とまだ寒い!最低気温はマイナスなので防寒対策に注意。

お店は宇奈月温泉駅前にある温泉噴水すぐそば。
階段を下りて、宇奈月駅(トロッコ電車の発着所)方面へ歩けば秒で着く。

日曜日のオープン10分前に到着すると、すでに7名程の人が並んでた!

店内カウンター4席、テーブル1台(2人用)、店外テーブル3台(3人用)あったので1巡目でいけた。ちなみに私が列に加わってわずか1分も経たない内に20名程の人が次々と並んだので、ギリギリセーフという感じだった!危っない!!

 販売商品は5種類。

※全て税込み価格
【イートイン限定】
幻のアルペンチーズケーキ 660円(+200円でドリンク付)
【イートイン&テイクアウト】
アルペンチーズケーキ(1Cut)320円
アルペンチーズケーキショコラ(1Cut)360円
【テイクアウト限定】
アルペンチーズケーキ(ホール)1,900円
アルペンチーズケーキショコラ(ホール)2,250円

SNSで何度も見たやつ!ショーケースの中にいっぱいあったー!ピラミッドみたいで可愛い♪

席へ案内されて待っていると、お店の人が持ってきてくれました。温度に繊細な商品ということで、蓋をしたまま運ばれてくる!

とろっとしたベリーソースをかけて食べる。それはもう、すぐ食べないと溶けちゃうからね。(写真撮ってる間に右端が若干とけてる)

3分もかからずペロッと完食しました。早。軽い食べ心地!ごちそーさまでした!!

今までにない食感のチーズケーキだったかというと正直よく分かりませんでしたが、旅の思い出としてインパクトの残る体験ができます。

余談ですが、こちらのスコップ型スプーン。すぐそばのお土産屋さんで販売してるものなので、気に入った方はぜひ立ち寄ってみてください。

行く前にチェックしたい

駐車場は?

お店の専用駐車場はない。宿泊施設利用者か日帰り温泉利用者はそこの駐車場を利用して徒歩で訪れよう。それ以外の人は近隣の有料駐車場を利用する必要がある。宇奈月駅の駐車場が近いのでおススメです(シーズンオフ中なら無料で使用可)。

観光案内所『湯めどころ宇奈月』の日帰り入浴者はそこの駐車場もお店から近いのでおススメ。

たろう
迷惑になるような長時間の駐車はしないようにしよう!

混み具合は?

日曜日10:00オープンと同時に利用して、お店を出た時の状態がこちら。おそらく10:10頃。

たろう
めっちゃ並んでてびびった!

ただ、回転率は早めなので見た目ほどは並ばないはず。1巡目で入りたい人は、オープン10分前から人がたくさん集まってきた感じだったので、15分前に行けば大丈夫そう。

ちなみに、前日の土曜日15:00頃に訪れたときには『幻のアルペンチーズケーキ』は完売してた!カウンターでちょうど食べてる瞬間の人に遭遇したので、僅差だったみたい。絶対食べたい人は午前中には訪れておいた方が安心だ。

お土産用には保冷バッグを持っていくと◎

お土産用にホールのチーズケーキを買おうかと思ったけど、保冷剤を入れて2時間程しか持ち歩けないとのことだったので、その後の予定もあり諦めた。

保冷バッグを持ってきていれば良かったなーと思ったので、もしお土産用で狙っている人は用意しておくと良いかも。※保冷剤は有料

まとめ

お店の外観も若い人受けしそうなスタイリッシュな感じで、さすが話題のスポットって感じだった。ここでしか食べられないっていう特別感はうまい戦略だなーと感心。もうちょっとゆっくりできたら良かったけど(笑)

遠出した先で食べる甘味はまた格別。旅の思い出に、ぜひ立ち寄ってみてはいかが?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

\シェアはこちらから/

\フォローはこちらから/