【8月の富山県】富山の毎年恒例イベント情報まとめ【お出かけスポット】

夏真っ盛りな8月。
お盆の長期休暇もあり、お出かけが楽しい季節です。
海水浴、お祭りや花火大会、はたまた涼を求めて屋内施設へ…お出かけスポットはたくさん!

暑さに負けず、富山の夏を満喫しましょう!

※情報は随時更新していきます

スポンサーリンク

★8月の富山県恒例イベント情報【富山のお出かけスポット】

北日本新聞納涼花火大会<毎年8月1日>

《 見所 》富山市街地からほど近い神通川有沢橋下流で開催される、富山県最大級の花火大会。富山大空襲(1945年8月1日~2日)から2年後に、犠牲者の鎮魂と復興、平和への願いを込めて始まった。色とりどりのスターマインや尺玉の連発、音楽に合わせた花火など約3千発の鮮やかな光の大輪が富山を彩る。大勢の家族連れやカップルらが訪れる一大イベント。※写真は「とやま観光ナビ」より

高岡七夕まつり<毎年8月1日~7日>

《 見所 》高さ約20mの「ジャンボ七夕」や大小1,000本の七夕が高岡中心市街地を華やかに彩る。夜には提灯に火が灯され幻想的な雰囲気に。ライブやダンスなどの他にも、バスケットボール大会、七夕コンテスト、のど自慢大会といった参加型のイベントも多く開催され盛り上がる。※写真は「とやま観光ナビ」より

富山まつり<毎年8月の第1土曜・日曜日>

《 見所 》1,000人を超える「越中おわら踊り」の踊り手が城址公園や周辺の大通りを埋め尽くす、富山県最大級の夏祭り。おわら踊りの他「はたらくクルマ&インパクトカー大集合」、「よさこいとやま」や野外ライブの「オジサマーロックフェスティバル」などのイベントも開催する。

富山県民たろう
1年で日本が最も暑くなる8月に踊る方達、ほんと凄い。華やかな衣装に身を包んだ踊り手たちが大通りいっぱいに広がる光景は圧巻です。歌や踊りがメインではありますが、お祭りの出店や子供向けのイベントもあるし、城址公園には遊具もあるので親子でも楽しめます。

宮崎ヒスイ海岸 サマーフェスティバル<8月初旬~中旬の土日>

《 見所 》マリンスポーツ体験や”ゲスト”を招いてのトークショー、景品ありのゲーム大会など催し物多数。スイーツ・朝日町オリジナルフードの販売も。夜間には”ナイトシアター”を実施。田舎の美しい星空の元で上映を楽しめる。(過去上映作品一例:『SING』『ANNIE アニー』など)

主催者クラウドファンディンページ
星空のナイトシアター公式ページ

富山県民たろう
実は人口が少なく『消滅可能性都市』の一つに数えられている朝日町。復興のため、2016年~女子大生(当時)が始めたイベントというので素晴らしいですね。朝日町へ訪れたことがありますが、山と海に囲まれた、のどかで本当に素敵な所です。地元のモノだけでなく、若さならではの流行も取り入れた楽しいイベントになっているので、ぜひ足を運んでみては!

 詳しく記事にしました

どうも。映画大好き富山県民たろうです。 どれだけ好きかというと、映画館で1日3本連続で見たこともあるくらい好きです。 ちなみに腰がヤ...

ベトナム・ランタンまつりinなめりかわ<8月中旬頃の土日>

《 見所 》滑川市瀬羽町の街並みが、ランタン祭りで有名なベトナムの港町ホイアンに似ていることがきっかけで平成22年から始まった祭り。毎年夏の2日間、海辺の旧宿場町をランタンの灯りが幻想的に彩る。地元滑川のグルメ屋台他、ベトナム料理の「米麺フォー」「揚げ春巻き」や、民族衣装「アオザイ」の試着体験、ベトナム音楽コンサート等も催される。
ベトナム・ランタンまつりinなめりかわ実行委員会公式サイト

国宝 瑞龍寺 夏 「夜の祈りと大福市」<毎年8月中旬頃の土日>

《 見所 》通常日中のみの拝観となっている「瑞龍寺」がライトアップの上、夜間開放される。毎年夏の2日間、昼とは違う顔の幻想的な”国宝”を楽しむことができる。門前では、県内外の飲食店が特産物を販売する「大福市」も開催。※写真は「たかおか道しるべ」より

環水公園夏まつり<毎年8月15日>

《 見所 》「世界一美しいスタバ」に選ばれたことでも有名な環水公園で開催される夏の花火大会。夏の音楽花火約1,600発で環水公園の夜空を彩る。他「富岩水上ラインの夕涼みクルーズ」「水辺のコンサート」や移動販売車、縁日コーナーなども楽しめ、毎年たくさんの人で賑わう。※写真は「とやま観光ナビ」より

黒部川きときと魚のつかみどり大会<毎年8月16日>

《 見所 》お盆の16日、黒部川河川敷に造られた約50m×100m程の池に、約2万匹もの魚(イワナ・ヤマメ・アユ・ウナギ等)が放流される。参加無料で、捕まえた魚は自由に持ち帰ることができるため毎年多くの人々で賑わう。

富山県民たろう
使える道具は軍手のみ。魚と人との仁義なき戦い。手づかみで”にゅるり”とした魚を捕まえるのは難しく、特に小さい子供たちは大喜びでかなり盛り上がります!私も子供の頃に参加した「魚つかみどり」がむちゃくちゃ楽しく、大人になった今でも思い出として強く印象に残っているのでぜひ連れて行ってあげて欲しいスポットです。

千保川灯籠流し祭<毎年8月16日>

《 見所 》かつては暴れ川として人々を悩ませてきた千保川。水の神様の祭りと水難犠牲者供養のため行われる”灯籠流しは、1914年から続く夏の風物詩。空が暗くなり始めると町内で作られた大小約8,000個もの灯籠が次々と川に流され、幻想的な光景が見られる。

富山県民たろう
お盆になると各地で見られる「灯籠流し」ですが、富山でも行われています。1つ1つ、思いが込められた灯りが水面を漂う光景はとても幻想的。静かな夏の夜を過ごしたい時に訪れたいスポットですね。

宇奈月温泉峡谷花火饗宴<毎年8月18日>

《 見所 》峡谷に轟く「音」にこだわった花火や大迫力のスターマインなどが打ち上げられ、光と音の饗宴が黒部峡谷の夜空を彩る。当日はイベントも開催され、花火大会には毎年3,000人ほどの人々が訪れ賑わう。※小雨決行、荒天時は翌日に順延。

おわら風の盆 前夜祭<毎年8月20日~30日>

《 見所 》毎年9月1日~3日に開催される、日本を代表するお祭り「おわら風の盆」その本番に向けて、1日1町内が町流しや輪踊りを行う前夜祭(※雨天中止)。観光会館ではステージ踊りも開催される。本番と比べて混雑しないため、艶やかな”おわら踊り”や”唄”をじっくり楽しむことができる。※写真は「とやま観光ナビ」より

たてやまドンドン祭り<毎年8月下旬>

《 見所 》大自然の中でキャンプ、バーベキュー、パークゴルフなどのアウトドアが楽しめる「グリーンパーク吉峰」で開催されるお祭り。「ステージショー」「グルメブース」「フワフワドーム」など設けられ、家族連れで賑わう。19:30~祭りのクライマックスには1,000発もの花火が打ち上げられ、毎年約5,000人の観客を楽しませる。※雨天中止

安田城月見の宴<毎年8月下旬>

《 見所 》当時の遺構をほぼそのまま残す全国的にも貴重な城跡「安田城」。日が沈み、周囲に飾られた1,000個以上の提灯が堀の水面に映える光景は絶景。昼の少年少女武者行列ほか、舞台では雅楽や詩吟などの芸能も行われる。※写真は「富山市の観光公式サイト TOYAMA NET」より

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、何か頑張れそうな気がします

フォローしてくれたら嬉しいです。