富山から舞浜(千葉)への交通手段・行き方まとめ【新幹線・電車・高速バス・飛行機】

東京ディズニーリゾートのある『舞浜』。
音楽ライブや公演が行われる『舞浜アンフィシアター』などもあり、多くの観光客が訪れるスポットです。

この記事では、富山県から舞浜への行き方をまとめました。
舞浜観光の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

富山から舞浜(千葉)への交通手段・行き方まとめ

①楽したい人向け【夜行バス】所要時間:約8時間


舞浜にある東京ディズニーリゾートまで直通の高速バスが出ています。
なお日中の舞浜行きの高速バスは出ていないので、全て夜行バスになります。

舞浜まで電車を利用すると乗り換えがわりと大変なので、バスの長時間移動に抵抗のある人でなければ、こちらの高速バス利用が楽でおすすめです。

移動時間8時間ほどかかりますが、夜行バスということでほぼ睡眠時間…なので体感的には0時間です。寝て起きたら舞浜に到着という手軽さは便利ですね。

交通費は約2,500円~8,000円程と、運航会社や時期によって変動があります。
バス会社の料金比較は、格安移動というサイトを私は良く参考にしてます。


日付・料金ごとに各バス会社を一覧で比較できるので便利です。料金をクリックすれば、予約画面までリンクを繋いでくれる優良サイトです。スマホアプリ版もあります。

個人的には、バス会社は『WILLER EXPRESS』を良く利用します。長時間移動の時は特に。

富山⇒ディズニーまで約4,000円~8,000円程と高速バスの中では高めな方ですが、そのかわり『座席シートが他よりもゆったりして快適・目隠しカバーがある・コンセントあり・女性利用者が多くて安心』などのメリットが多いです。バスの運転手さんも、他よりも丁寧な印象があります。

8時間と長時間座っていることになるので、硬くて居心地の悪い座席だと苦痛です。次の日のディズニーや舞浜観光にかなり響きます。

また、失礼ですが、高速バスは安いほど客層が悪くなる傾向が強い印象があります。
車内が暗くなってもずっとスマホをいじって周りを明るくする人。マナーモードにしない人。電話をしだす人。友人と夜中までしゃべってる人。臭いのする人。いびき。

正直、高速バスを快適に過ごせるかはその時に同乗する客層次第です。
こればかりは『運』です(笑)

WILLERバスは値段設定が少し高めだからなのか、客層は他よりも良い気がします。
3,000円程度の差であれば、私なら断然WILLERを利用します。
4,000円以上の差だったらちょっと迷います( ˘ω˘)

ディズニーで高速バスを降りてから舞浜アンフィシアターや舞浜駅へ行きたい方は、徒歩で向かうのが一番早いです。(ランド側のバスターミナルから舞浜駅まで徒歩5分程)


画像元:舞浜アンフィシアター公式サイト(http://www.maihama-amphitheater.jp/access/)より

②日中に移動するなら【新幹線+電車】所要時間:約3時間30分

日中の移動であれば、便数の多い新幹線の利用がおすすめです。

富山駅

↓ 新幹線・東京行き(約2時間30分程)

東京駅

↓ JR京葉線快速・蘇我行き(約15分程)

舞浜駅

上記ルートが乗り換えも少なく、おすすめです。(乗換1回
乗り換えの待ち時間を含めて、約3時間30分ほどで舞浜駅へ到着できます。
上記ルートであれば、交通費は約12,530円(新幹線が自由席の場合)です。

ただし問題が1つ。

新幹線口から京葉線までが遠い!
慣れている人でも15分程かかると言われているくらい、遠いです。470mあります。遠い。

ほぼ1本道ではありますが、人で混雑している駅構内の移動は、慣れるまで道に迷ってしまうこともありそうなると大変です。

↓こちらの道案内動画が分かりやすかったので、不安なら確認してから行きましょう。

③小さな子供連れ&荷物多めな人は【新幹線+高速バス】所要時間:4時間

②で紹介しましたが、東京駅~京葉線まではかなり歩きます。
小さな子供連れの家族や、荷物をたくさん抱えて歩く人はかなり大変。

そんな方には、東京ベイシティバスから東京駅~舞浜駅まで直行の高速バスが出ているのでこちらの利用も便利です。

バスでの移動には30分~40分かかり、
運賃も京葉線(220円)と比べて少しお高くなりますが、ゆったり過ごせます。

〇東京駅~舞浜駅料金
現金運賃:大人片道720円・小児片道360円
IC運賃:大人片道670円・小児片道340円
情報元:東京ベイシティバス公式ページ(http://www.baycity-bus.co.jp/kousoku/tdr-tokyo-2.html)より

ルート的にはこんな感じ。

富山駅

↓ 新幹線・東京行き(約2時間30分程)

東京駅

↓ 徒歩(3~4分)

東京駅八重洲南口JR高速バス5番のりば

↓ バス(約30分~40分程)

舞浜駅

バスの便数が少ないのと、1番早くても舞浜駅に到着するのが8:45となるので、ディズニーランド・シーの開園時間には間に合わないので注意。

ゆっくりしたい家族向けです。

④ホテルとセットプランだと安くなるかも【飛行機+直行バス】所要時間:約2時間30分


富山空港~羽田空港(東京)まで1日4便(ANA)が運行しています。


画像元:富山きときと空港公式ページ(https://www.toyama-airport.jp/flight/tokyo)より

料金ですが、飛行機は時期・空席状況によって価格変動するので、8,190円~24,990円までとかなり幅があります。(※料金は2018年11月時点での確認)

基本的には、早く予約するほど安いと考えてもらったら良いと思います。75日前予約割とかあるので。

会員区分によっても料金が異なり「ANA FLEX」「ANA VALUE」「ANA SUPER VALUE」「ANA SUPER VALUE EARLY」・・・などなど料金表が沢山あってややこしい。

ANAの公式サイトで確認するより、エアトリのような格安航空券まとめサイトで確認するのが分かりやすくておすすめです。日本国内中の航空券を一度に検索できるし、価格が安い順に並び替えできたりして見やすいので、私はとりあえずここで検索するようにしています。

旅行は2週間~1ヵ月前くらいに計画する方が多いようなので、片道約12,000円くらいで行けると思っていただいてokです。

そう考えると新幹線とあまり変わらないので、搭乗の手間などを考えると、私は新幹線を選びますかね・・・(-“”-)

ただ、ANA+ホテルのセット利用で特別価格になることがあるので、場合によってはすごくお得になる時もあります。こればかりはタイミングによるので紹介が難しいです。(相場より高い時もあるので注意)

いま確認したら、ANA往復+ホテル25,500円ってプランもありました。これだとなかなかお得だと思います。

じゃらんnetなどの予約サイトでお得なセットプランが無いか、調べてみましょう。

羽田空港からはディズニーランド行きのリムジンバスが出ているので、こちらを利用できます。料金は大人830円・小人420円。Webから予約もできるので、当日いっぱいで乗れない!という事態も防げます。もちろん当日チケット売り場で購入も可能。

ANAは羽田空港の第2ターミナルに到着します。
第2ターミナル1階にバス乗り場がありますのでこちらから乗車。
東京ディズニーリゾート行きは6番乗り場です。乗車後、30分ほどで到着します。

リムジンバス公式サイトはこちら


画像元:東京空港交通株式会社公式ページ(https://www.limousinebus.co.jp/areas/bus_stop/hnd/tdr/dep/87/)より

ただし、富山⇒羽田まで一番早くて8:15着の飛行機なので、リムジンバス利用ではディズニーランドへの到着はどんなに早くても9:00になります。

開園と同時に入りたい人は飛行機の利用は避けた方がよいです。(宿泊はさむなら別)

ルート的にはこんな感じ。

富山駅

↓ バスor車(約25分)

富山空港

↓ 飛行機(約1時間)

羽田空港(第2ターミナル)

↓ 徒歩(3~4分)

バスターミナル

↓ バス(約30分)

東京ディズニーランドバス乗り場

ちなみに、羽田空港からモノレールを利用して舞浜へ向かう方法もありますが、1時間ほどかかる上に乗換2回あり料金も800円程かかるので、おすすめしないのでこちらでは紹介しません。

まとめ

以上、4ルート紹介しました。
こうしてみると行き方はたくさんありますね。

皆さんに合った方法を見つける参考になれば嬉しいです。

それでは、素敵な旅を!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、何か頑張れそうな気がします

フォローしてくれたら嬉しいです。